12月11日(金)~12日(土) 6年生 広島修学旅行
 早朝、学校に集合し、バスで出発、新大阪駅へ。新大阪駅発の九州新幹線さくらに乗車。すべてはコロナウィルス感染対策のために、です。
 矢倉小では、毎年、平和学習の一環として、広島の平和公園、資料館の訪問を中心に修学旅行を実施してきました。今年はコロナ禍ではありますが、旅行業者や訪問先・宿泊先の方々の協力を得ながら感染対策に万全を尽くすかたちで実施しました。小学校最後の6年生、楽しい思い出を子どもたちに贈りたいという願いも込められています。
 
 広島駅の近くの「お好み物語」では、広島名物「広島焼き」をいただきました。
 お店の人に食べ方を教わりながら、おいしくいただくことができ、子どもたちは大満足でした。
  

 
  一日目の午後からは、いったん広島市を離れて宮島を訪問しました。
 いつもなら多くの観光客でにぎわう宮島ですが、思いのほかすいていて、ゆったりと買い物ができました。
  

 
 宿泊先は、平和公園に隣接する相生ホテルです。大広間での食事は、食べるとき以外はマスクを基本的に着用します。食事中は、会話も控えめに、みんな前を向いていただきました。
  
 朝一番に原爆資料館に入館しました。一般の方たちもほとんどおられず、ゆっくりじっくりと資料に見入ることができました。資料館での学習を終え、子どもたちは小グループに分かれ、平和公園内をガイドさんの案内で散策しました。
 
 1か月前から学校で調べ学習をしていたこともあり、また、資料館でくわしく学ぶことができたおかげで、ガイドさんの話を熱心に聞く子どもたちでした。どのガイドさんからも、「たくさん質問してくれました。質問が多いということはよく学んできたということです。すばらしいです。」「熱心なお子さんばかりで、お話していて、とてもやりがいを感じました。ありがとうございます。」などと、お褒めの言葉をいただきました。
  

 

 

 
 学習の最後に、みんなが原爆の子像前に集まり、平和宣言のセレモニーをしました。平和への願いが折り鶴というかたちでアピールできたこと、このことの大切さを確かめあいました。
  

 
12月16日(水) 2年生 おもちゃまつり
 生活科でてづくりおもちゃをつくり、おもちゃまつりをすることになりました。お客さまは、1年生の人たちです。コロナ対策もあることから、学級ごとにかわるがわる来てくれました。
 

 
 ルールの説明、遊ぶ時に気をつけるとよいことなど、国語の「話す・聞く」の学習にもつながる活動です。当日、お客さまとなった1年生の人たちは、とてもたのしいひとときをすごすことができたようです。
 ふりかえりの場面で、2年生の人から感想を求められしっかりとお話しすることができました。また、お礼のお手紙をもって、2年生の教室に来て、受け渡しもすることができました。